必見!「売り手市場」徹底解剖

売り手市場を狙え!売り手市場の業界や職種などを紹介しているサイトです。各業界で人材不足となり、好条件・好待遇の求人が増えています。仕事を探している求職者にとって売り手市場の今がチャンスです。

就職氷河期から売り手市場へ

Writer

求職者が知っておくべき売り手市場の求人動向について紹介するサイトです。お問い合わせはこちらまで。

Special

  • コンビニも人材募集中日常生活で欠かせない存在となったコンビニも、人が足りずに困っています。バイト探しならコンビニ業界もおすすめです。
  • そもそも売り手市場ってなに?求人数に対し求職者が足りず、求職者にとって有利となる求人市場のことを「売り手市場」と言います。その動向を知るための数値が有効求人倍率です。

今は売り手市場になっている

終わりを迎えた就職氷河期

終わりを迎えた就職氷河期

長く言われてきた就職氷河期と呼ばれる就職難の時代ですが、実はすでに終わりを告げていることが分かっています。逆に現在は求職者が有利な「売り手市場」が続いている状況になっています。これから就活をする人や転職を考えている人は、希望を持って積極的に動いてみましょう。

Pocket

売り手市場だった学生の就活

大手就職支援サイト数社が発表した2017年卒業予定の学生の就活の調査結果により、内定率が80%に近い高水準だということが分かりました。今後も就活を続ける学生も4割程度いるため、さらに内定率が高くなることも十分考えられます。また学生へのアンケートの結果、内定者の中で4割以上の学生が第一志望の企業から内定を得たという答えが返ってきました。しかも就職決定企業の7割が大手企業であることから、総合的に考えてかなり学生に有利な売り手市場だったことが分かります。また内定を勝ち取った学生の内定取得社数の平均値は2.17社と、一人が複数社から内定を得ているという結果も出ています。

今後も続く売り手市場

大手就職支援サイトによると、内定率が上がってきたのは2015年頃からで、その当時から就活における「売り手市場」の流れが出てきているそうです。企業の採用意欲は年々高まりを見せているため、学生にとって嬉しい売り手市場はさらに拍車をかけて広がっていくのではないかとみられています。早めに就活を締め切る企業は少なく、貪欲に新卒者を採用しようという意図が見られます。一社の内定が取れても、さらに条件の良い企業から内定を取ることを目指して就活を続けるのもおすすめだと言えそうです。

このサイトについて

このサイトは、数十年の時を経て訪れた待望の「売り手市場」についての情報を紹介していきます。そもそも就活における売り手市場とは何かという根本的なことから解説を進めていき、売り手市場の中ではどのような心構えで就活を行えばよいか、企業はこの状況をどう捉えているかなど踏み込んだ情報も提供します。正社員として働きたい新卒者や転職者にとっては待ちに待ったチャンスですので、このサイトの情報を参考にして希望する企業の正社員の座を勝ち取って欲しいと思います。
また特別に売り手市場の業界の特集も行いますので、人材不足に悩んでいる「狙い目」の業界や職種も紹介していきます。バイトやパートも正社員の就活と同じように売り手市場は変わらず、高齢者や主婦層への熱い視線が注がれています。これまで不利と見られていた高齢者や主婦のバイト先の幅も広がっていますので、バイトを始めるためのお役立ち情報を紹介していきたいと思います。せっかくの売り手市場ですので、その恩恵を最大限受けるためにこのサイトの情報を役立てていただけたら幸いです。

求職者はチェック!

  • 幅広い分野で人材が求められるエンジニア

    売り手市場を迎えている就職戦線ですが、その中でもひときわ人手不足が叫ばれているのがIT業界です。IT業界は基幹システムのみならず、様々なシステムの構築を自社の社員で賄おうという流れが起きています。そのため幅広いスキルを持つエンジニアの採用を積極的に進めています。高いスキルとコミュニケーション能力があればどのような企業にも就職のチャンスがあるでしょう。このチャンスを活かして、自分が力を発揮できる企業で働いてみませんか?

  • 飲食店はどこも人材募集中

    飲食業界は慢性的に人材不足が深刻で売り手市場です。もともと飲食店では学生を中心とした若い人材を積極的に採用してきました。しかしその他の職種も同様に人材不足になり、より良い条件でバイトを採用するようになると、飲食店に十分な人数の人材が集まらなくなっています。飲食店は未経験者でも元気があれば一人前のバイトとして活躍できるという魅力があります。これからバイトを始めて仕事の経験を積んでいきたい人にとって、魅力的なバイト先になるでしょう。